2017-03-17 06:29 | カテゴリ:[雑貨]
こんなにざっくりでいいのかわかりません。。。けども。。。

初めて、ハンディソーを使って、真鍮管を切ってみたいと思います。

IMGP2145.jpg
真鍮管は、ドリップスタンドの(側板から側板の長さ+5ミリ×2)の長さにします。

マジックで印を付けて・・・。

IMGP2146.jpg
こちらのハンディソーを使って、切ります。

真鍮管はしっかり支えて、鋸で木材を切るようにハンディソーを引き進めると・・・

IMGP2147.jpg
あら不思議( *´艸`)

金属が切れちゃった!!

・・・というわけです。


途中、管の切れ目が大きくなったら、ぽきっと折って切ることも可能です。

正確にカットするには、専用の工具等が必要でしょうけど。。。
十分、この鋸でも大丈夫な気がします。

IMGP2148.jpg
この前開けた穴に入れてみます。


そういえば、底板300ミリって書いてたと思うのですが、
塗装の段階で、長い方がいいような気がして、残っていた板の方を採用していたことを思い出しました。
なので、底板は400ミリ弱程度になっているかと思います。



しかし、ここで問題発生!!\(◎o◎)/!

またかよ?!…って感じでしょう。。。



是非載せたいって思ってた、
陶器の珈琲ドリッパーを載せてみたのですが、

陶器だけに、重すぎて・・・(;^_^A(;^_^A(;^_^A


真鍮管、たわんで来ちゃったんです。。。

危ないので、写真もなし。。。


IMGP2149.jpg
こんな感じのプラのドリッパーなら良さそうだけど・・・。


それでも、ちょっとたわんじゃってるか・・・。。。(;'∀')



ここで、ちょっと思考ストップしまして(;´・ω・)
作業もストップしてしまいました。




対策を考えて、作業を再開したいと思います。。。


また続きを見に来ていただけたら嬉しいです。






励みになります


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
  


読んでくださってありがとうございます(__)
今日も明日もいい日になりますように☆彡



Designed by OVERTONE

Copyright ©うららか☆ものづくりCafe All Rights Reserved.